タイトルの付け方

titleタグで囲んだテキス卜は、検索結果にWebページが表示されても、 最大32 文字までしか表示されません。できる限り短く簡潔にし、上位表示を狙 うキーワードの割合が高くなるようにします。

titleタグの中のキーワードの出現頻度が高ければ高いほどSEO対策の効果も高まります。

titleタグの文言が長くなりキーワード出現頻度が低くなるとSEOに不利になります。titleタグで囲むテキス卜内で同じキーワードを繰り返して使う場合は、 最大でも 2個までにしましょう。

 3回以上含めると「過剰なキーワードの詰め込み」と判断され順位下落の影響を受ける可能性があるので気をつけましょう。titleタグで囲むテキストはSEOと関わっています。

コンテンツの量

コンテンツの量とはページ数のことです。 コンテンツの「量」とは、サイト内のぺージ数のことです。ただし、単純にページ数を増やそうとして、中身のないぺージや似たようなぺージ、 サイトのテーマと関係のないページを量産しても、高い評価は得られません。

むしろ、そうした低品質なぺージがサイト内にたくさん含まれていると、「品質の低いぺージをたくさん含んでいる、全体的に品質の低いサイトとGoogleから判断されて、かえって評価を落としてしまいます。

WebサイトのSEO的な強さは、軍隊にたとえるとわかりやすいかもしれません。コンテンツの「質」は一人一人の兵士の強さです。

量は兵士の数にあたります。強い兵士がたくさん集まれば、軍隊全体も強くなります。 しかし、極端に弱い兵士が混じっていると、足を引っ張って軍隊全体が弱くなってしまうこともあるのです。

トーンとは

トーンというのは「明度」と「彩度」との関係によって決まるとされ、トーンで差をつける場合には「明度」の差、もしくは「彩度」の強調やその両方の差をつけていくという3パターンの方法があると言えるでしょう。トーンイメージが強い場合には「色相」、彩度の高いトーンがイメージの場合には色相に差をつけていくと対比が強調されるでしょう。いくつかの色相を使用して配色をした場合、派手なイメージの配色となるでしょう。 また、低彩度でトーンイメージが強い配色の場合には、似ている色相で配色してしまうと分かりづらい同一の色相に見えてしまうことがあるため、色相差を最大限に活用して違いを明確にしていくことが求められるでしょう。具体的な例としては、色の数を増やすだけで、色みの少なさといった部分を補填してくれると言えるでしょう。

配色について

ホームページ作成の際のページデザインなどにおいて配色を考えなければならないという場合、対比と共通性のバランスといった点が重要ポイントになると言えるでしょう。対比と共通性のバランスをメインに考えた時、重要な要素として注意しておくべきものは「色の三属性」であると言えるでしょう。デザインなどの作業を行う際には、表現したいイメージによって色の三属性である「色相」、「明度」、「彩度」といったものを、それぞれ共通させるべき部分と対比させるべき部分といったものを計算して配色していくことでイメージが構築されつつ、バランスを取っていくことが可能になると言えるでしょう。色相のイメージを強く表現したいといった場合には、軸となる色をまず決定し、その色に近い色か似ている色といったものを中心として配色を考えていくと良いでしょう。同じ性質の色同士を使用することにより色相のイメージは強調されるとされていますが、明瞭なイメージから遠くなってしまうという危険性もあるため、このような配色になってしまった場合には「トーン」で差をつけると良いでしょう。それにより、色相のイメージはそのままに明確な配色を可能にしてくれると言えるでしょう。

色には3つの性質

色には3つの性質がある。それは色相、明度、彩度でこれを色の 三属性という。色相とは、赤、黄、緑、青など色みの違いを表している。色相はよく「色相環」と呼ばれる環で段階的に色を配置することで表現される。明度はいわゆる色の明るさがどのくらいなのかを表している。明度のもっとも高い色は白、もっとも低 い色は黒でその間に無数の灰(グレー)が存在するのである。 また、その軸の白、灰、黒のことをいわゆる無彩色と呼ぷのである。明度は、色の3つの性質の中でも、もっとも色の強さに関係している性質と言ってもよいのではないだろうか。隣接する色の明度差があるほど、コントラストはハッキリと見えるはずだ。また、彩度は色の強さを表す。明度の軸とは直交の関係と考えてよいだろう。

加法混色と減法混色

混色とは2色以上の色を混ぜ合わせたものを言うことは、知っていただろうか。その混色で出来ることがある。それは混色には、明るさが加えられる「加法混色」と、明るさを抑える「減法混色」 がある。加法混色は主に色光の混色によって引き起こされる現象であり、また、染料などの色料の混色によって減法混色は起こると言われている。

今述べた「加法混色」と「減法混色」のどちらの方法による混色でもつくれない色が存在する。その色のことを原色といい、 3色存在するためその原色のことを三原色というのである。

まずは、「色光の三原色」について説明する。この「色光の三原色」は、Red(赤)とGreen(緑)とBlue(青)で構成されている。また、「色光の三原色」とは別に「色料の三 原色」が存在し、その色はCyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)となっている。色光の三原色をそれぞれを同じ分量だけ混ぜることで「白」が生まれ、色料の三原色をそれぞれ等分混ぜ合わせると、こちらでは「黒」になるのである。

Googleマイビジネス

Googleでのサービスは何か気になっていることや調べてみたかったことなどを検索をしたり、マップを使ってお店や周辺の建物などについて調べたりすることができるなどのとても便利なものが多いです。そんな中で、最近では、Googleマイビジネスと言うサービスを使う方が増えてきています。ですが、このサービスは危険だと考えている方もいらっしゃるために、これからGoogleマイビジネスを利用することは危険なのかについて説明していきます。
このGoogleマイビジネスは仕事をするために使っているビジネス情報が全く関係のない一般のユーザーの方に書き換えられてしまったり、編集や修正をすることができるために勝手に行われてしまう可能性があるものとなっています。その結果、何か間違った情報が流出してしまう恐れがあるので、あまり安全なものとは言えないでしょう。本当に大切な情報は書き込まないことがおすすめできます。
このようにGoogleマイビジネスを利用する際には安全には気をつけた方が良いです。

複合キーワード/キーワードを複数組み合わせる

SEOで使用するキーワードとして具体的な言葉を選んだ場合、検索する人が限られるのでアクセス数が減ってしまうかもしれません。
ですが同時に、自分のブログに興味を持ってくれる読者が訪れる可能性が増えるというメリットがあります。
具体的な言葉を選ぶのと同じような効果を期待できるのが、「複合キーワード」と呼ばれるキーワードを選ぶというものです。

例えばはじめての「デート」に行くことになったとして、「デートで緊張
しない方法」を知りたい時、あなたはどのように検索をかけますか?
まずは「デート」で検索すると思います。
しかし検索結果に出てくるのはデートの体験談やセッティングなど、興味がない情報も多く載っているサイトである可能性が高いでしょう。

解決策の1つが、検索するキーワードを変えるという方法です。
ストレートに「デート+緊張しない方法」と複合キーワードで検索をかけます。すると、色々な緊張しないコツが書いているサイトが出てくる可能性が上がることでしょう。

このことを、逆に視点から考えてみてください。
つまり、もしブログで「デートで緊張しない方法」の記事を書いたら、「デート」というキーワードに加えて「緊張しない方法」というキーワードを加えたほうが、効果的に「デートで緊張しない方法」を知りたい人が集まるのではないでしょうか?

医療関連サイト

SEO対策の担当者の中には、医療関連の企業に所属している方もいらっしゃるでしょう。実は最近、医療関連のサイトが当局から注視されているのをご存知でしょうか。それもそのはずで、医療関連の製品、サービスは、国民の健康、安全に直接関わります。HP運営の担当者も、下手なサイトを制作するわけにはいきません。気になる人は是非厚労省が公開しているガイドラインを熟読して下さい。そこには厳しい指針が掲載されており、違反した場合には罰則も適用されます。もちろん罰則と言っても行政指導レベルなのですが、悪質な違反が長く続くと、最終的には告発されることもあります。よく見られるのは、競合他社による通報です。

簡単に注意点を紹介しますと、HP制作者は、医療上の倫理、ルールに違反する可能性のある広告であると判断した場合は、直ちにクライアントに質す必要があります。例えば、医師や病院に対して聞き取りを行います。これが実施されなければ、当局の調査、指導が行われます。その対象は広範囲に及び、広告代理店、新聞社、放送局であっても例外にはなりません。中小のHP制作業者も当然含まれます。
Post navigation

SSL化(HTTPS化)の基礎知識

WebページやサイトURLには、httpやhttpsと表示されていますよね。httpとは通信プロトコルのことを言っており、通信のためのルール(言語)のことを指しています。Webサイトは、このルールに則った言語を使用し、通信のやり取りを行っています。ただしhttpは、第三者が簡単に覗くことが出来、意味をすぐに理解できてしまうものなので、悪意のある第三者に個人情報を盗まれたり、改ざんをされたりするリスクもあります。しかし、SSL化した通信、いわゆるhttpsは、その通信言語を暗号化することで、第三者への情報漏えいのリスクから守る確率を高くしてくれます。SSL化(HTTPS化)とSEOの関係性について、SSL化されたサイトやWebページの場合、個人情報を安全な通信で取り扱うことができるようになります。ユーザーのことを一番に思うのであれば、SSL化されているWebサイトのほうがより優れていると言えるのではないでしょうか。